住宅豆知識

住宅豆知識

第1回 「掃除をする際の4つの基本ポイント」

新しく家を建てたり、リフォームしたりしてきれいな家で生活することはとても気持ちの良いものです。
しかし、きちんとメンテナンスをしていかないと、次第に汚れてきたり古くなったりしてしまいます。常日頃からこまめに掃除をすることも家をきれいに保っていく上で重要なメンテナンスの一つであると言えます。
今回は、掃除をする上で基本となる4つのポイントを紹介いたします。

掃除の4つの基本ポイント

ポイント1 計画を建てて掃除を行う
一度にあれもこれもやろうとすれば誰だって嫌になってしまうかもしれませんね。一日かけてもまだ終わらない、そんな無理な計画は立てないことです。
まず、お掃除を毎日する場所、週一回でいい場所、月一回念入りにする場所などに分けましょう。そして、毎日のお掃除は10分〜20分程度でいいので必ず実行しましょう。自分の生活の中に習慣づけていくことが一番のポイントであるし、長続きするコツです。
掃除機がけなどは、動線を考えてから始めれば効率もアップします。
ポイント2 汚れがたまらないうちに掃除する
例えば、ガスレンジのふきこぼれなど、放っておくと、こびりついて落ちにくくなり後始末が大変だった、と言うこともあるでしょう。
家の中のホコリも、時間がたつにつれ、頑固な汚れや、シミになってしまいます。汚れがついたら手早く取り除きましょう。これを心掛ければ、お掃除は簡単に済みます。
もうひとつ大事なことが、落としたい汚れの種類と状況を知ること。それらを知ることで、どんな汚れでどのような洗剤や道具を使えばいいかが分かります。
ポイント3 部材・材質に合ったものを選ぶ
フローリングでも、合板のフローリング、白木、ビニールなど材質は色々です。汚れたからといって適当な洗剤をつけて掃除したことが原因で、逆に、傷んでしまうこともあり得ます。
その材質や、部材にあった掃除の仕方があるのです。そんな失敗をしないためにも、材質や素材の確認はとっても大切です。
ポイント4 道具や洗剤の特長を理解する
汚れと材質に合わせて、効果的に掃除用品や洗剤類使うためには、取り扱い方を知るのが一番です。どの製品を、どのような道具で使用すればいいのか。そんなこともちょっとした基礎知識さえあれば判断できます。
判断がつかない最初のうちは、影響の少ない洗剤・道具から使い始め、汚れの落ちや材質の影響を見ながら、徐々に強力なものを試していきましょう。

上記4つのポイントを実践していくことで、新築のままのきれいな生活空間を維持していくことができるでしょう。掃除を日々の習慣付けにし、快適な空間で生活していきましょう。

 

【関連ページ】

おうちに関するQ&A
新築・注文住宅に関するQ&A
リフォームに関するQ&A
その他のQ&A

住宅豆知識

太陽光発電システムのご案内

太陽光発電売電結果

宮田建設ってどんな会社

施工実績集

おうちに関するQ&A

住宅豆知識

お問い合わせ

エコアクション21

このページの先頭へ