家をリフォームしたい

宮田建設が選ばれている理由

顔の見える家づくりの実践

人と人のつながりが家づくりの本来の姿

マイホームを完成させるためには、棟梁を中心にたくさんの職人、納材業者が携わり、進められていきます。
「家づくり」とは、いくら工業化や機械化が進んでいっても、人の手によって成し遂げられるもの、だからこそ大切なのは人であり、人と人との繋がりであり、人同士の信頼であると考えます。

その信頼関係の中で、住まい手(施主様)と担い手(宮田建設)とつくり手(施工業者)が出来る限り顔を合わせ、お客様の想いを直接肌で感じ、現場で意見を提案しながら、最終打ち合わせを行います。
例えば、棚の高さやコンセントの位置など、図面ではわかりにくい細やかな内容もその場で決めていきます。

まずは、お客様の想いを大切にし、そしてプロとしてのアドバイスを提案させていただきながら答えが出るまで話し合い、納得のいくマイホームを築いていきます。「家づくり」とは、会社が押し付けた「商品」でもなく、設計士が書き下ろした「作品」でもないのです。それは、お客様の大事な資金をお預かりした業者として、匠の技をもってかたちにし、かけがえのない財産としてお返しすることなのです。

私たちはこの想いを原点に、お客様との信頼関係、業者同士の横のつながりをしっかりと結びつけるために、協力業者会「宮田建設安全衛生協力会」を立ち上げています。この会を通じて、直接「家」に携わる業者全員が、技術力、精神力、人間力も磨いていきます。そして、この三者(住まい手、担い手、つくり手)が信頼の和の中で一体となったとき、誰にも真似できないお客様だけの宝物が生まれるのだと想います。三者一体となって理想の家づくりを実現します

熟練の技術が信頼を築く

お客様の想いがいっぱいつまった家づくりの中で、宮田建設安全衛生協力会のメンバーは「現場」と いう最も重要なポジションを担っています。私たちは仕事をただ単にこなすのではなく、プロとしての技術を最大限に生かし、もう“ひと手間”をおしまないという意識を常に持ちながら仕事に携わっていきます。

また、良い家づくりに必要不可欠なのが職人同士のチームワークです。現場作業中にも積極的な意見のぶつかり合いが生じた時「お客様の想いを大切に する」という理念に帰り、みんなが幸せになれるよう互いを思いやり、ひとつひとつ妥協する事無く、完成へと繋げていきます。

職人は一見ぶっきらぼうで、しゃべりにくそうに見えるかもしれませんが、実は少し照れ屋で口下手だけなんです。どうぞ気軽に声をお掛けく ださい。私たちは、お客様の言葉や想いを深く考え、カタチにしていきたいと思います。そして何よりも職人として、また人としての自覚を持ちながら「信頼を施工で築く職人集団」として誇りをもって施工に努めて参ります。

 

【関連ページ】

リフォームしたい
はじめに
家をリフォームする流れ
宮田建設が選ばれている理由

このページの先頭へ